室内

夏場に最適なすのこベッドについて知る|すのこの特徴や材質について

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイズと木材による価格差

ベッド

すのこベッドの購入を検討する際に気になる点というのは、価格でしょう。すのこベッドを価格等で眺めていると、見た目はどれも同じすのこベッドなのに対し、それぞれに価格の差があることが分かります。しかし、素人の目ではそれぞれのすのこベッドにどういった違いがあるのか分かり辛いものでしょう。ここでは、すのこベッドの価格の違いに影響しているポイントについて知っていきましょう。
すのこベッドの価格の差に影響を与えているポイントというのは、まず基本的なポイントとして、サイズの差が挙げられます。すのこベッドにはシングルサイズとセミダブルサイズのものが存在し、稀にダブルサイズのものも見ることができるでしょう。その内、シングルサイズは平均的な体型の人が一人で眠ることに最適なサイズで、セミダブルサイズは体格の大きな人が一人で眠ることに適しています。この二つはサイズに差があるため、シングルサイズに比べセミダブルサイズの方が価格が高いものとなります。ダブルサイズに関しては、サイズの大きく市場に出回ることも少ないため、高額な価格が付けられるでしょう。また、サイズ以上にすのこベッドの価格に影響を及ぼす要素が存在します。それは、使用している木材です。すのこベッドに使用されている木材というのは様々ですが、ヒノキ製のものであれば高価になり、スギ製のものであれば安価に購入することができるでしょう。サイズ及び使用されている木材といった要素における価格の差は、約8000円から7万円前後と言われています。