室内

夏場に最適なすのこベッドについて知る|すのこの特徴や材質について

このエントリーをはてなブックマークに追加

すのこベッドで快適に眠る

ウーマン

すのこベッドというのは、すのこの上に敷布団を敷いて眠るベッドです。夏場に最適なベッドとして注目を集めていますが、多くの人の中にはすのこベッドでの寝心地は悪そうだ、と考えている人も少なからずいるでしょう。実際、すのこベッドに敷布団を敷いて寝た時には、背中に硬さを感じます。その理由として、敷布団がすのこに敷くことに適していない、といった点が挙げられます。敷布団を敷くのに最適な場所というのは、畳です。敷布団は元々、畳に敷くことを目的として作られており、フローリングやすのこといった硬い場所に敷くのには適していないのです。
すのこベッドに適した敷布団というのは、一般的な敷布団に比べ厚みのある敷布団と言われています。厚みがあるほど、すのこの硬さが背中に伝わり辛くなるのは安易に想像できることでしょう。つまりは、背中に硬さが伝わらなければ厚みのある敷布団以外でも良いのです。例えば、敷布団の下にマットレスを敷いても背中に伝わる方さを緩和することができるでしょう。そういった方法を用いたとしても、すのこベッドの特徴である通気性の高さが損なわれることはないのです。敷布団の下にマットレスを敷こう、と考えているのであれば畳に近い触り心地のマットレスをお勧めします。そういったマットレスであれば、敷布団を敷いた時に更に快適に眠ることができるでしょう。厚みのある敷布団に関しては、フローリングに敷いた時に背中に硬さを感じない程度の厚さのものを選択します。